小坂淳一氏

小坂淳一氏より: 藤原明さんとは、恵みの縁です。 Good friend❗️財産です。FBで友達になって、コメントやりとりして、3ヶ月ほどに、メッセンジャーで、金沢を写真撮りたいので、家に泊まらせてくれないかと…いきなりではあるが、ざっくばらんで面白い人物だと思いました。 宿泊部屋は、町屋を倉庫にしている、2階です、エアコンが無く、トイレのドアも無し…ものだらけの室内の写真を送り確認とりました。 それでも良いと言うので、暑さ、寒さも厳しくない、春先か、秋頃と言う日程で決まり、役一週間滞在に。宿泊費は、電気代分相当のお金です。彼は自分より、17歳年下で、目下独身中、7人兄弟の末っ子なんです。お父さんが、中国と日本のハーフ、お母さんが、中国の方なのです。 話を聞くと、家族の中もよろしいと聞きました、とても良いことだと思います。高校を卒業して、スペイン留学、ヨーロッパをあちこち回り。。。。etc.ラテンを学んだんだね。写真のことだけにとどまらず。毎日自分の為になることを吸収しているんじゃないかなと思う。メッセンジャーの会話は、途切れて聞きづらく、しっかり話すことが出来ませんでしたが、今回、会ってみて感じたことはネットの中だけではなく、リアルの世界でも、アグレッシブだと思う。この資質見所ありますね。自分だったら、精根尽き果てるみたいなくらいな量を毎日、勉強してるんじゃないかな。チョット気持ちがダウンする時があると言ってたけど、包み隠さずみんな言ってくれることに感謝!今回の金沢訪問は、あきらさんが、金沢からインスパイアされたようです。 自分もこの機会に、あきらさんに触れ同じく影響を受けました。 ちょうど、週末仕事が休みで、じっくりと色々こっちで話してるうちに、FBのプロフの写真を撮ろうと言うことなり、親身に撮影していただき誠に感謝してます。とても素晴らしい、お気に入りの写真を撮ってもらい自分の宝です。 一緒に食事に行ったり、自分の友達のお店で飲みました、初めてなのに馴染んでる、何処へ行ってもおかしく無いよ、行くとこ行くとこで、花を咲かせてるね。自分にとっても、貴重なことを得た機会でした。これからも、定期に、金沢に訪れたいとのこと、とてもありがたく思います。これからも末長くよろしくお願いします。他の何処へも訪ねて行きたいと言ってました、行く先々で、光明を照らしてください。 我が兄弟…藤原明