どの”カメラ”が貴方に適してるのか!?

最新のデジタル一眼レフにお金を費やすべきか、スマートフォンにこだわるべきか、それとも全く別のものを検討すべきか。

カメラはあなたの写真撮影のための単一の最も重要なツールになるだろうが、それは必ずしも最も高価なカメラを購入することが最高の写真を得るために起こっていることを意味するものではありません。正しいカメラを選択するには、それぞれのカメラの種類の違いとその長所と短所、そしてあなたが専門とする写真のタイプに最適な選択肢を知っておく必要があります。このガイドでは、さまざまな種類のカメラについてより深く理解することができます。

スマートフォン

「最高のカメラとは、常に手元にあるものだ」。今日のデジタル社会ほど、この言葉が当てはまる時代はないでしょう。スマートフォンは、英国の成人の84%が所有しており、説明するまでもないでしょう。そして、その技術は過去15年間で飛躍的に向上しています。より良いカメラ、より高い解像度、高度なアプリなど、スマートフォンの写真は従来の写真機材で撮られた写真に匹敵するものです。

スマートフォンのカメラ性能はこの10年で大きく進歩し、その画質は従来のカメラに匹敵する。

スマートフォンのメリットは明確です。常に携帯しているので、必要なときにいつでも手に入れることができます。また、大型のDLSRカメラと比較して、より控えめな存在です。また、スマートフォンは、写真を撮ってソーシャルメディアなどにアップロードするまでのプロセスを短時間で行うことができます。 しかし、スマートフォンの欠点といえば、画像サイズと画質です。スマートフォンの写真は、オンラインや小さな印刷サイズ(6×4インチや7×5インチなど)では問題なく見えますが、大きな印刷サイズになると画質が悪くなる可能性があります。デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラは、より大きな画像を生成できるため、大きなサイズでプリントしても、画質が落ちたり、ぼやけたりしません。

スマートフォンでは、常にカメラを手元に置いて、写真に最適な瞬間の写真を撮影することができます。

スマートフォンの技術は進歩しているので、数年後には現在のデジタル一眼レフと同じ品質の写真が撮れるようになる可能性が非常に高いということは重要なことです。

長所

  • 軽量で持ち運びしやすく、目立ちにくい
  • 常に手元に置いておける
  • 写真に関する専門的な知識が少なくても使える
  • オンラインや小サイズのプリントに最適な写真品質

短所

  • 創造的なコントロールが制限される
  • デジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラに比べ、画質が劣る
  • 大きなサイズの画像を印刷する場合、品質に限界がある

ミラーレス

ミラーレス一眼とは、レフミラーや光学ファインダーを持たないデジタルカメラのことです。そして、よく聞かれるのが、ミラーレスカメラとデジタル一眼レフの違いです。一眼レフカメラでは、センサーの前に鏡があります。ファインダーを覗くと、レンズの向きが映し出されます。まるで鏡を掲げて、その反射を見るように。そして、シャッターボタンを押すと、この鏡が反転して、その奥にあるセンサーに光が当たります。これが写真になるわけです。ミラーレスカメラでは、ファインダーで見ているのはカメラが作り出したライブのデジタル画像です。また、ミラーがないため、同等のデジタル一眼レフカメラよりも小型・軽量です。ミラーがない分、1秒間に撮影できるコマ数が格段に多くなります(バーストモード)。この点では、どんなに優れたデジタル一眼レフカメラもミラーレス一眼カメラには勝てません。

特にここ数年、多くのフォトグラファーがミラーレス一眼に移行しています。画像はイメージです。

数年前にこの記事を書いていたら、ミラーレスカメラの画質はデジタル一眼レフカメラに及ばなかったと思います。しかし、ここ数年の高画質なミラーレスカメラの爆発的な普及は目を見張るものがあります。技術の向上により、「ソニーα」シリーズなど、最高のカメラに数えられるモデルが登場しています。しかし、ハイエンドミラーレスカメラも今や一眼レフと同じくらい高価なものになっています。しかし、ハイエンドのミラーレス一眼カメラも一眼レフカメラと同等の価格になってきています。ミラーレスカメラはレンズを外すとセンサーがむき出しになります。それでも、多くのプロカメラマンがミラーレス一眼に移行しています。

長所:

  • 優れた画質
  • 充実したクリエイティブな操作性
  • デジタル一眼レフカメラよりはるかに軽量・小型
  • 一眼レフカメラと同様にレンズ交換が可能

短所

  • ハイエンドモデルは高価である
  • レンズを外すとセンサーがむき出しになり、ホコリや破損が起こりやすい
  • デジタルビューファインダーの遅延が気になる(ただし、ハイエンドモデルではそれほどでもない ファインダーの注意点
    デジタルファインダーの欠点は、表示される映像が遅れることがあることです。これは、カメラの前で起こっていることと、ファインダーで見ることの間に遅れが生じる可能性があることを意味します。 風景や街並みの撮影であれば問題ないでしょう。しかし、何かが起こる瞬間を正確にとらえなければならないスポーツフォトグラファーにとって、遅延はその完璧な瞬間を逃すことになりかねません。ただし、最近のハイエンドミラーレス機は、ファインダーの見え方がデジタル一眼レフカメラとほぼ同等であることも重要なポイントです。

では、どのタイプのカメラがあなたに適しているのでしょうか?

このように、自分に合ったカメラを決めるには、たくさんのことを考慮しなければなりません。もう1つ考慮すべき点は、何を撮影しようとしているかということです。例えば、ストリートフォトグラファーの場合、ミラーレスやスマートフォンのような小型のカメラが有効かもしれません。先ほど説明したように、これらのカメラは小さく軽いので、移動が簡単です。風景写真なら、一眼レフやミラーレスのような高画質なものを選ぶとよいでしょう。風景写真には、質感や色彩などのディテールが要求されます。ミラーレス一眼カメラやデジタル一眼レフカメラの大きく高解像度のセンサーは、スマートフォンやコンパクトカメラよりもこれらのディテールを詳細にとらえることができます。フィルターなど、スマートフォンやコンパクトカメラにはない豊富なアクセサリーを使用することができます。

また、一眼レフカメラやミラーレスカメラは頑丈であるため、風景写真など遅いシャッタースピードが必要な撮影には欠かせない。

スポーツ写真家や野生動物写真家は、デジタル一眼レフの光学ファインダーの実像を好むことが多いでしょう。旅行写真家にとっては、デジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラが理想的です(ただし、プリントする際にはクロップセンサーの限界に注意してください)。カジュアルな写真家、またはオンラインで画像を表示したり小さなサイズのプリントを作成するためだけに撮影する場合は、コンパクトカメラで十分でしょう。どのタイプのカメラでも、もちろん価格も考慮しなければなりません。私見ですが、これからのカメラはミラーレス一眼が主流になるのは間違いないと思います。一眼レフカメラとミラーレスカメラを比較するのは難しくなっています。優れた画質と、一眼レフカメラよりも小型・軽量であることは、プロにもアマチュアにも最適な選択肢です。ミラーレスカメラの発売台数は圧倒的に多く、一眼レフカメラの発売台数は圧倒的に少なくなっています。これは、未来がどうなるかを示しているのです。どのタイプのカメラが自分に合っているのか、よりよく理解できるようになることを願っています。

脚注:上記の文章は © 2021 Picfair, Philip によるものである。わたしは翻訳し必要な箇所を編集した。2022年 5月4日

https://www.picfair.com

https://focus.picfair.com/articles/what-type-of-camera-is-right-for-you?direct-link=true&utm_source=emailc&utm_medium=owned&utm_campaign=focusauto_2&utm_content=ecu_alwayson&vgo_ee=VHSVJQeTvlYTdAR9lxYTePlMy%2BOWWuyaZunZiCXh6gI%3D


Happy snapping!

Philip
 
    
 

Copyright © 2021 Picfair, All rights reserved.
You are receiving this email because you are a member of Picfair.

Our mailing address is:
Picfair
2 Underwood Row
London
N1 7LQ
United Kingdom

Want to change how you receive these emails?
You can update your preferences or unsubscribe from this list.