「写真評論」(phtography critics) 2017年12月15日(金) 質問は引用:ウィキペディア 答えはわたくし、 写真論(しゃしんろん、theory of photography)とは、写真に関する論、評論、批評のことである。「写真評論」(phtography critics)ともいう。 その対象は広範であるが、例えば、写真一般について、次のような項目(重複あり)が含まれる。 写真とは何か? 写真は窓であり、心の反映でもある。 写真の意味は何か?  写真は時間を止めることができる。 写真の可能性は何か?(写真で何ができるか?) 多用にあるだろうが、一番はファミリーポートレート。 写真の機能は何か? 機能は道具であり、結果のためにある。 写真と絵画の違いは何か? 即物性 写真が社会に与えた影響は何か?(今後与える影響は何か?)メディアの発展とスパーリアルの絵画の殺害。(笑) 写真をどのような観点から見るべきか・とらえるべきか? 人それぞれだろが、例を出すなら、写真の歴史を前提でみると非常に面白い。 現代美術における写真の役割は何か? 写真は古くは現代美術であった 写真家とは何か? 写真家、写真で生業にしてるのではなく好きで写真を撮ってるものがそうである。 個別の作家・作品に則して、以上のような項目について論じること、また、当該作家・作品そのものについての評価・批評も含まれる。個別の展覧会についての批評(展評)も写真論に含まれることがある。 以上 私見を残しました。  @everyone 皆様はどう思いますか?